• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

ライヴ考

6月はライヴ月間でありました。
どれも総じて良い内容で楽しめました。


まずは6/6(水)の"Rock Child"。

前述の通り、このバンドのエンジニアとしてアルバム製作に関わってから
早2年程…。まさか自分が叩くとは思いもよらず(笑)、HR/HMの舞台に再び呼び戻され、
仕込みやリハをこなすこと数週間。抱える問題を徐々にクリアしながら
ライヴ当日まで何とか間に合った!

rc~chop


↑Voの梅さんより拝借m(_ _)m。当日は平日の夜で、対バンの方々も多岐に渡っていたということもあり、
お客さんの反応はどうかな?と不安もありましたけど、フタを開けてみると特に問題ナシでした(笑)。
個人的にはここ数年で最もスティックが折れるという放送事故もありましたが(苦笑)、
それに伴うトラブル以外は心底気持ちよくやれました!
ちなみに、我々の前にご出演のバンド(=Mercury)のドラマーさんの持込セットが、
何とアクリル+電飾がバリバリでカッコ良いし、楽曲・出音共に最高でした♪

次のRock Childのライヴは秋口になりそうですよ!
…って僕は当初、ワンポイントのヘルプの予定だったのに!(笑)
OZMA師匠、梅さん、福ちゃん、またよろしくお願いします♪


ジャズセッションをいくつか間に挟んで、こちらもお初の"HOT&TOT"。

hot&tot~cb

↑Voのスギモ氏より拝借m(_ _)m。皆さんライヴ直後なので若干テカっております(笑)
下北沢のハコは以前の"ウルトラナイスガイズ"のライヴの時からのご縁で、
再びここでの出演が決定♪今回は"ヒューイ・ルイス&TN"のヒット曲を中心に展開。
しかーし、ここでもメンバー間を含めて、お客さんの年齢の格差はかなりのものでしたが(苦笑)、
そんな不安も何のその、予想以上に盛り上がって本人達もビックリ(笑)。次に期待度大でした♪
下北沢CAVE-BEのスタッフ皆さんも、ライヴ直前まで調整に東奔西走して頂いて、感謝x100であります。
また機会あればよろしくお願いしますね♪


最近、単発もののジャズのセッションも増えて来て、非常にバランスが取れていると思います♪
一つの事に集中して固くなった頭の中が徐々に解凍して行く感じ(笑)。
僕にとっては常にチャレンジですけど、月に数本入るだけで精神状態が随分違います…。
そしてその中でも今回かなーりプレッシャーだったのが、ビッグバンドのリサイタル。

salad~recital


↑Photo by Mr.Ohishi,...Thanx!!
ゲストでお越しのSax&Claの林さんからも事前リハの時に
「よくこんな難しい曲をおやりになりますね…」
と評された程の難曲を含め、二部構成のトータル=20曲弱…叩き切りました。
個人的な反省点もあれど、ホールはやはり叩いてて気持ちが良い♪

この日は普段はレッスンの時にしか使うことの無い、
通称・「鈴之助」(=赤いドラムだから…、笑)が数年振りにほぼフルセットでお目見え!

suzu.jpg

何せ、製造は20年以上前の国産ヴィンテージ・ドラム。
この日を迎えるにあたって、事前に出来るだけのメンテを施し、お蔭でよく鳴る様になった♪

場所にもよりますが、僕はホールの一番後ろのお客さんの顔までほぼ見えてしまうので、
終演直後、ステージから見えた客席からの拍手と笑顔で今回のリサイタルが成功した事を確信しました。
その後の打ち上げも林さんを始め、業界のベテランの先輩達から貴重なお言葉をたくさん頂いて、
本番前まではかなり厳しい状況でしたが、結果、最高に充実した一日となりました♪
次のSalad-Daysは、7/16(月)の武蔵野ジョイントコンサートです。


来月はマイペースな活動になりそうなので、少し自分の事に集中してみようかな?と思案中。
総じて僕は音楽にこれからもドップリ浸かって行くことになるのでしょうが、
良い意味で自分への課題が非常に明確になった6月でした。
とは言うものの、後一日、僕にとっては久しぶりの挑戦となる、
「カホンの日」が待ち構えております(笑)。
これについてはまた後日…。



☆Now Playing★


Under the Desert Sky [DVD] [Import]Under the Desert Sky [DVD] [Import]
(2007/01/23)
Andrea Bocelli

商品詳細を見る


↑素晴らしいの一言。会場のロケーション、脇を固めるバック陣も豪華です。

スポンサーサイト
プロフィール

shu-ya

Author:shu-ya
Open Handドラマーの徒然ブログ。

No Music!!No Life!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Shu-ya's Drums Workshop
*shu-yaはミュージック・スクールや、マンツーマンによる"Drums Workshop"を都内、多摩地区、所沢のリハーサル・スタジオを中心に開講しています。各会場とも、受講生を随時募集しております。 詳細についてはこちらまでお問い合わせ下さい。
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR