• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

Rock Child・みちのくツアー Act-3 "Future Mind"

何ヶ月振りだろうか?特に何も無い週末…。
慌しかったことに慣れてしまっているのか、
このポッカリ空いた時間を埋めるのは今の自分には難しい…(笑)
まぁ、とりあえずしっかり休んで体のケアかな…。

暴露するが、今週はとにかく身体が全く言うことを聞いてくれない一週間だった。
仙台から帰っての二日間はグッタリ…(汗)。
関節とか特に身体に痛みは無いが、とにかく毎日、鉛を背負ってる感じ…。
前回の福島~米沢の時よりも疲労感増大…、なんで??


という訳で、前回の米沢でのライヴから単発のジャズセッションなどを挟んで、
先週末は、Rock Child・みちのくツアー最終日、…in 仙台。
あの震災から、早一年半。そんな心配は到着後一瞬にして消えうせたけど…。

早朝に東京を出発。今回もまた車内BGMで盛り上がる。
久々に聴いた"KISS"が今回のツアーをある意味物語っていた様な気が…(笑)。

渋滞もさほど感じられず、スムーズに仙台市内に到着。
若干の雨の中、現地を発見していざ突入…、

hook


と思いきや、まだハコは開いてなかった…(笑)
それもそのはず、その日の仙台市内は駅伝大会があるらしく、
前日の夜、仙台の別のハコで出演する米沢組の連絡のお蔭で、
面倒そうな交通規制を逃れ、予定時間より早目の到着。…ありがとう!
ちょうどお昼時って事で、仙台と言えば、早速ココに(笑)↓

rikyuu

朝から殆ど何も口にしていなかったので…、ペロリ。

gyutan

前回の米沢に引き続き、全くの肉食系男子なRock Child でありました(笑)

nikusyokudanshi

arcade

以前の訪問の時も感じましたが、とにかく仙台の商店街は美しい…。
そして、あの震災の後、仙台の皆さんの復興に対するパワーが凄い!
この日、日曜は雨の中、露店やストリート・パフォーマンスも盛んに行われていた。
いつもながら、この土地の文化意識の高さは並々ならぬものがある、
大好きな街、仙台…。

仙台に着いたらまず訪問したい場所があった、それは"MACANA"。
以前からお世話になっている店長のよーいちさんに会いたかったのは勿論、
移転した新しい環境がどんな感じなのか、この目で確かめてみたかった。
しかも、場所はこの日の僕らの現場である"HooK"さんのほぼ斜め前(笑)

macana

いや~素晴らしいハコに生まれ変わっていた!凄い!。
元々は映画館だったらしく、天井が高くて驚いた…。
メンバーも早速ステージに上がって、実際に感触を確かめてみたり(笑)

macana~yoichisan

よーいちさんからも来年は是非!とのお言葉を頂き、早速メンバーと記念撮影☆
実はこの日、Gtの福ちゃんと親交の深い"T.S.P"さん達が"MACANA"でライヴということもあって、
サウンドチェックを見学。
いや~、音もヴィジュアルもカッコいいバンド!。さすがでした☆

漸く僕らが今夜プレイするハコの方も開場。
サウンドチェックが始まったので、とりあえず器材搬入。
仙台"HooK"さんもとっても良い感じのハコで、リハの時点で個人的にかなり演りやすい。
アウェイのハコでよく起こる問題も短時間でクリア出来た!

それより、サウンドチェックからすでにバーストしているメンバー達…、
この時点で今夜のライヴがどうなるか、すでに僕には見えていた(爆)
サウンドチェック終えて、本番まで時間があったので、
雨の中を一旦ホテルまで移動。

チェックインして、部屋で入念にストレッチなんぞこなして、
今回の東北ツアーをちょっと回想してみたり(=まだ終わってないのに…、笑)
自分の中にあった色んな問題をクリアしつつ、
漸くここまで来れた事の喜びを再び実感、そしてまた会場に戻る…。

結構しっかりとした雨の降る中、お客さんの出足はどんなものか?とメンバー全員かなり不安でしたが、
ステージ手前のスクリーンが上がった瞬間にその心配は見事に消え失せた(笑)
何と、向かいのハコでオープニング・アクトを終えた米沢組の出演者、
彼らを観に来たお客さん達が、こちらのハコに全員集合☆
僕ら東京からのビジターなのに、最前列に大挙して拳を振り上げる人達が居るなんて!!
そして、僕らも最初から完全燃焼状態☆

onstage

三週間のインターバルにも関わらず、今回の東北ツアーの集大成的な内容でした!

farewell

ステージの上から一人ひとりの顔を確認したら、思わずグッと来ましたわ~♪
楽屋に戻ると対バンの方々から握手を何度も求められ、感動も頂点に☆
仙台"HooK"さん、本当にありがとうございました☆

終演後もお客さん達と少しだけお話も出来て、
またの再会を約束して僕らは夜の仙台にくり出そう…と思いきや、
日曜の夜は遅くまで開いてるお店も少ないのね(涙)

諦めて一旦ホテルに戻るが、何とホテルのすぐ傍に
地元の人しか来ないような穴場的な焼き鳥屋が…(笑)、
しかも安くてなかなか美味いじゃありませんか☆
このお店のお蔭で次回の仙台もこのホテルにしようという声もチラホラ…、
場所は秘密です(爆)


こうして東北ツアーは、あっという間に終わってしまいましたが、
この数年、迷走していた自分の事を思うと情けない反面、
奮起して今のスタンスまで自分を取り戻せた事、
自分が過去に心血注いでやって来た事が無駄で無かった事を改めて再確認出来ました☆
そして、あの災害の後、皆さんの気持ちが一つになって頑張っている力強い姿を見て、
僕らが逆に元気をもらって、東北の人達の温かい心遣いに救われました☆
5年ぶりに顔を合わせた面々。そして今回、新たに出会えた人達。
皆さんとこれからも強い繋がりが持てそうな、そんな東北ツアーでした!

まず何より、今回の東北ツアー仕込みに奔走してくれた原ヤンを始め、
手厚いサポートをして頂いた米沢の皆さん達に心から感謝を…☆

そしてOZMAさんを始め、Rock Childのメンバーもお疲れ様でした!
今年はもうライヴは無さそうですが、来年また一緒に音出せるのを楽しみにしてます☆


僕は今回のツアーを自分の活動の一区切りにしようと思っていたので、
また自分の目標に向けて一気に駆け上がろうかな?…と。
これから起こる新たな展開に、自分としても楽しみです☆


(P.S:仙台のステージ・フォトは前回登場のドラマー、もとみち君が撮ってくれました!…Thanks☆☆☆)


☆Now Playing★


OctopussOctopuss
(2009/07/21)
Cozy Powell

商品詳細を見る


↑今回のツアーから帰ってなぜか最初に聴きたくなった一枚(しかもカセットテープ…、笑)。
Gary MooreとCozyとの共演はもう聴けないんだと思うと、"Dartmoore"はちょっと切ないね。
僕が理想にしているロックのキックとスネアのサウンドの原点は、間違いなくコージーだと思う。

スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

プロフィール

shu-ya

Author:shu-ya
Open Handドラマーの徒然ブログ。

No Music!!No Life!!

最新記事
カテゴリ
最新コメント
Shu-ya's Drums Workshop
*shu-yaはミュージック・スクールや、マンツーマンによる"Drums Workshop"を都内、多摩地区、所沢のリハーサル・スタジオを中心に開講しています。各会場とも、受講生を随時募集しております。 詳細についてはこちらまでお問い合わせ下さい。
Twitter
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR